AI活用の現状と潜在リスク~地方自治体での事例を追い

2023.11.17

WorkWonders

全国の地方自治体では、人工知能(AI)の利用が増えてきています。例えば、東京都では約5万人の職員が議事録の要約作成などに、「Chat(チャット)GPT」というAIを使い始めましたし、神戸市では生成AIに関する条例を作るなど、組織としてAIの利用を支えています。

しかし、その一方で、機密情報の漏洩や著作権の侵害などのリスクに対する警戒感も強まっています。「生成AIが外部に損害を与えた場合、金銭補償だけで解決するわけにはいかない」という声も上がっています。

そんな中、各地でAIを先行導入している実際の現場を追うことで、どのように活用を進めているのか、また、どのようにリスクに対処しているのか、詳しく見ていきましょう。

出典 : https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC289NH0Y3A720C2000000/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :