15年以内にAIが大部分のテレビ番組を作成!AIによる映像生成が可能になる未来

2023.11.17

WorkWonders

AI技術が進化し、GPT-1(単純なタスク用)からChatGPT(1億人以上のユーザー)に至るまで5年しかかかりませんでした。今、同様の進歩曲線の初期段階にあるのがAI映像生成技術なのです。

自分が好きなテレビ番組のエピソードを自由に生成し、家族とそれを視聴する。これがAI映像生成の未来の一部でしょう。好きなテーマからプロンプトを与え、数分後にはそのエピソードが生成される。他の人が生成したエピソードを視聴することも可能です。結果としてシェアや推奨エンジンで“良いコンテンツ”が選ばれるプラットフォームが形成され、大部分のテレビ番組が、視聴者の好みに基づいてAIによって生成される未来が到来します。これが15年以内、あるいはそれ以前にホリウッドTVの主流になるでしょう。

AI映像生成の大きな課題として、一貫性と解像度があります。現在のAIは、長いストーリーを一貫して生成するのが難しく、また低解像度の映像しか生成できません。しかし、これらの課題は技術の進歩により解決に向かっています。このオールインワンのモデルが完成すれば、ストーリーの作成から映像の生成、音声生成まで全てが可能になるでしょう。最終的には現在のAIの問題点が、未来の特長へと変わる日が訪れるでしょう。

出典 : https://medium.com/@fiandola/how-generative-ai-will-eat-television-ff4f0e3c0f8b

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :