AIが開く新規事業創出の世界

2023.11.17

WorkWonders

 AIとして人気を博しているChatGPTは、人間に代わって仕事をするためのソフトウェアで、今回はその活用法を紹介することとしました。特に、新規事業開発をサポートするフィラメントの代表取締役、角勝氏が監修しております。

 まずは、ChatGPTを使用して具体的なビジネスプランを策定するためのプロセスを見ていきます。そのためには、頭の中で考えている情報をAIに伝え、そのフィードバックを元に改善していくことが重要です。

 しかし、この途中でChatGPTは新たに与えられた情報に対する反応が偏ってしまう、いわゆる「情報の追従」の問題が発生します。そのため、AIの働きと我々の指示が時として完全に同期しない場面があります。しかし、これは逆に我々の思考を広げ、より良いビジネスプランを生み出すきっかけにもなります。

 今回は、その逆説的な辞書を通じて、AIと人間が協働で具体的なビジネスの構想を描くプロセスを学びました。次回はヘルスケア・ウェルネス業界に焦点を当て、ChatGPTとともに新たなビジネス創出にチャレンジします。

出典 : https://japan.cnet.com/article/35211317/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :