SaaSが終焉を迎える時、次はAIが主役

2023.11.20

WorkWonders

先月、私は「SaaS(サービスとしてのソフトウェア)が終わりに近づいている」という記事を書きましたが、一部の人々はそれに猛反対し、混乱しました。それらの人々の中には、記事を読まずに反論する者や、現状のSaaSに利害関係を持つ者もいました。そういった状況を受け、先日の別の記事では「AIは大口投資家のフェイクではないのか」と問いました。

この記事では、Generative AI(生成型AI)についての長い歴史と私がどのようにそれに対して懐疑的であるかについて語ります。2015年に私の元会社はプライベートエクイティファームに買収されましたが、その後技術の進行方向が間違っていると感じ、2018年にその場を去りました。

私が言いたいのは、私たちが現在SaaSと呼んでいるものの終わりは、あなたが思っているよりもすぐそこに迫っているということです。そして、ユーザーの期待と技術が、自分でやるという現行のモデルから、私がするべきことを教えてくれ、という新しいデータ解析へと向かっているということです。その結果として、ソフトウェアやアプリの開発者は、「自分でビジネス判断を下せ」とユーザーにデータを提供するだけでは許されなくなるでしょう。

出典 : https://jproco.medium.com/um-hi-this-is-what-generative-ai-is-for-its-for-when-saas-is-dead-215f6ae328e4

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :