AWS新世代半導体の登場 – エネルギー効率と処理速度の飛躍的進化

2023.12.03

WorkWonders

クラウドサービスを提供する巨人、アマゾンのAWSが新型半導体を発表しました。
この中で注目すべきは「Trainium2」と「Graviton4」。Trainium2は機械学習向けで、電力消費を半減しながら処理速度を4倍に向上させます。
一方、Graviton4は旧型に比べ30%も性能が高まるCPUです。
これらは2024年より商用サービスに導入され、革新的なクラウド体験が期待されます。

IT大手が競う独自AI半導体の開発は、CPUの性能向上の限界とAI関連技術の急成長によるGPUの品薄に対応するためです。
アマゾンだけではなくマイクロソフトやグーグルも、各社ブームを支える技術で革新を加速しています。
この動きは、今後のテクノロジー業界における競争と成長を牽引するでしょう。

出典 : https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/78208

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :