コラムニストの悩みとAIの進化

2023.12.07

WorkWonders

私はこれまでコンピュータが自分の仕事を奪うことを心配したことはありませんでした。正直なところ、時にはそれを願うほどです。もし全知の機械に最適なコラムの書き出しを提案してもらえたら、私の人生は、編集者や読者の方々の人生も、どれほど改善されるでしょうか。

しかし、我々ライターはたいてい自信過剰です。ライティングは不思議なトリックのようなもので、人間独特の試みです。ジョークを言ったり、スフレを作ったりするのと同じように、犯すことのない人間の行いのように感じてしまいます。

ですが、スマートフォンが「ducking」と書いてしまったり、私の仕事がコンピューターにとって代わられる可能性が全く無いように感じている間に、状況は変わりつつあります。サンフランシスコを拠点とする人工知能研究所「OpenAI」が開発したソフトウェアは、驚くべき力を秘めており、少し怖さを感じると共に、その能力に畏敬の念を抱かせられます。

出典 : https://www.nytimes.com/2020/07/29/opinion/gpt-3-ai-automation.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :