次世代AIの驚異と懸念-技術の進化と社会への影響

2023.12.07

WorkWonders

サンフランシスコに拠点を置く研究会社OpenAIがGPT-4をリリースしました。これはより正確で強力なジェネレーティブAIモデルであり、理論上の問題に答える能力も向上しています。ロジックパズルの質問に対しても正しい答えを導くことができます。
さらに、GPT-4はテキストと画像を組み合わせたマルチモーダルモデルであり、例えば写真から即席のウェブサイトを作成するようなデモンストレーションが行われました。マイクロソフトなどの大企業や、科学者たちがこのモデルを使って新しいアプリケーションを開発しており、その応用範囲は無限大です。

しかしながら、このようなAIの肯定的な使用方法とは別に、多くの悪用が懸念されています。AIに人間の感情を誤って帰し、操る効果があること、詐欺やディスインフォメーションの生成に使用される可能性があることが指摘されています。AIモデルには社会的な偏見や事実に関する幻覚も存在し、安全性テストやユーザーフィードバックによる学習を経ているにも関わらず完璧ではありません。
今後、AIのトレーニング方法を巡る議論が予想されており、偏見を完全に排除することは困難だという見解もあります。Elon Musk元創業者は、現在のAIモデルに対して批判的な姿勢を示しており、さらに開かれたモデルを提案する動きもあります。AI技術の進歩は目覚ましいものの、その影響と技術に対する社会の懸念は議論の余地が多く含まれています。

出典 : https://www.ft.com/content/262542a7-6616-4f4e-87b0-d0e39b27727f

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :