AI検索戦争の勃発!Google株価急落の背景とは

2023.12.07

WorkWonders

ウォールストリートが、新しいAI検索戦争におけるGoogleの支配的地位と利益への影響を警戒した結果、Googleの親会社であるAlphabetの株式は水曜日に8%近く急落しました。
この下落は、GoogleのAIデモンストレーションでのミスに端を発しており、チャットベースの検索を大衆市場に導入する上での課題を浮き彫りにしています。
一方で、マイクロソフトはBing検索エンジンにAIを取り入れた新バージョンを発表し、検索結果を要約したり、メールやリストを生成する技術を導入しました。

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラは、新技術を利用して検索における利益を減少させ、永遠に総利益率を低下させる用意があると語っています。
Googleも対抗措置として「Bard」という独自のチャットボットを発表しましたが、公開時期については明言されていません。
しかし、Bardは初期のデモで事実誤認を行うなど、AIによる検索が持つ正確性の問題が指摘されています。

Googleは、最近のChatGPTの登場以来、AI技術を消費者向け製品に組み込むために奮闘しています。
昨年の最終四半期には、Googleの広告収入が4%減少し、同社史上2度目の四半期収益減少となりました。

出典 : https://www.ft.com/content/2fe6163b-b4c3-413e-b595-8110e328b42d

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :