著名人たちは生成AIをどのように使っているか

2023.12.08

WorkWonders

テキスト生成AI「ChatGPT」が大きな注目を集めたことでトレンドになっているのが生成AIです。

著名人たちの生成AIへ対するコメントを見てみましょう。

 

孫正義氏(ソフトバンク株式会社)

ChatGPTを毎日使っていない人は「人生を悔い改めた方がよい」とまで言っているのは、ソフトバンクの孫正義氏です*3。

孫氏は2023年の「Softbank World」の基調講演に登壇し、生成AIの未来について語りました。

 

そんな孫氏は、ディベート相手としてChatGPTを使っています。

ChatGPTと議論を重ね、そこでのアイディアを特許として申請した件数がもうすぐ1000件を超えるとのことです。

また、ChatGPTのなかでいくつかのキャラクターを設定し、AIのキャラクター同士で議論をさせるユニークな使い方も紹介しています。

生成AIの深層学習のメリットを活かしているのが特徴です。

 

堀江貴文氏(実業家)

堀江氏は、執筆家としての活動でChatGPTを活用しています*4。

 

堀江氏はChatGPTの使用例として、本の帯コメントを挙げています。

本の帯コメントを執筆するためには、その本を読み、要点を掴まなければいけません。

そこで、ChatGPTに本の一部を入力して帯コメントを出力させたところ、要点をつかんだ文章が出てきたとのことです。

 

隈研吾氏(隈研吾建築都市設計事務所)

隈研吾氏は、世界的に活躍する建築家です。

隈氏は、「自分を超えるために生成AIを使う」と述べています*5。

 

AIに隈氏の建築を学習させてキーワードを指示すると、隈氏が設計したようなデザインの建物が生成されます。

隈研吾建築都市設計事務所の設計者は、「隈研吾」を超えるために生成AIとは異なるデザインを考えるとのことです。

これにより、今までの傾向とは違う新たなデザインに挑戦できると考えているようです*5。

 

ビル・ゲイツ氏(マイクロソフト創業者)

ビル・ゲイツ氏は講演で、「18カ月以内に、AIが子どもに読み書きを教えるだろう」と述べています*6。

 

人間の文章表現をコード化することは難しく、機械に読み書きを教えさせるのは難しいとされてきました*6。

さらに、2年のうちに計算を克服し、優れた教師として活躍するだろうとしています*6。

 

ビル・ゲイツ氏が期待しているのは、生成AIが家庭教師として利用できるようになり、貧しい学生でも教育を受けられる世界が訪れることです*6。

 

 

注釈

*1
出所)国立情報学研究所「ChatGPTはなぜ計算が苦手なのか」

https://www.nii.ac.jp/event/upload/20230707-03_Minato.pdf

*2
出所)内閣府「AIと著作権の関係等について」

https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ai_team/3kai/3kai.html

*3
出所)ITmedia Inc.「まだChatGPTを使ってない人は「人生を悔い改めた方がいい」-孫正義節がさく裂」

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2310/04/news175.html

*4
出所)GOETHE「「本の帯コメントはAIで」堀江貴文がリアルに実践するChatGPT活用術4選」

https://goetheweb.jp/person/article/20230802-chatgpt?heading=4

*5
出所)日経クロステック「建築家の隈研吾氏「自分を超えるために生成AIを使う、藤井聡太名人のように」」

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/02449/053000006/

*6
出所)CNBC「Bill Gates says A.I. chatbots will teach kids to read within 18 months: You’ll be ‘stunned by how it helps’」

https://www.cnbc.com/2023/04/22/bill-gates-ai-chatbots-will-teach-kids-how-to-read-within-18-months.html

出所)Ledge.ai「ビル・ゲイツ氏「18ヶ月以内に、AIが教師の補佐として教育分野に登場」」

https://ledge.ai/articles/bill-gates_asugsv-summit

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :