IBMがA.I.のリスク対策に乗り出す – 安心して使える技術の未来へ

2023.12.14

WorkWonders

企業界は新しい人工知能に熱狂しています。この人工知能は、ビジネスレポートからコンピューターコードまで、人間のような流暢さで生み出すことができるのです。多くの企業が、ジェネレーティブA.I.と呼ばれるこの技術の実験に取り組んでいますが、
同時に機密データの取り扱い、A.I.による回答の正確性、潜在的な法的責任などについての懸念も抱いています。IBMはこれらの懸念を和らげるため、木曜日にキャンペーンを発表しました。会社は、IBMのジェネレーティブA.I.システムの使用による著作権やその他の知的財産の請求に対して、企業を補償すると述べています。また、IBMは、A.I.システムを構築または「トレーニング」するために使用される基礎となるデータセットを公開する予定で、
これはジェネレーティブA.I.技術を商業的に提供する他社の標準的な慣行とは異なります。この発表は、OpenAIのChatGPTなどの新しいA.I.技術のチャットボットに注目が集まっている中、IBMが市場攻略に向けた計画を進めていることを示しています。

出典 : https://www.nytimes.com/2023/09/28/business/ibm-ai-data.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :