研究の逆境を乗り越えるヒント:変化するNLPの世界

2023.12.14

WorkWonders

私は2023年5月に、主にNLPを学ぶ学生を対象とした「ACL Year Round Mentorship」の月例会に参加し、「研究で困難な時代をどう乗り切るか」というテーマでパネルディスカッションを行いました。
ディスカッションで提起された複数の質問の中で、特に「2010年にNLPを学んだが、異なる仕事をしており、今戻りたいと思っているが何から手をつければいいか」や「ルールベースのNLPに取り組むことしかできず、古く感じてしまう」という種類の問いが、話し合いでは十分には扱われなかったと感じました。

これらの疑問に対し、私が取り組む一つの方法として、過去のNLP関連の会議の記録(ACLアンソロジーで公開)を見ることです。1970年代の業績も閲覧でき、その時代のトピックが現在のものとは大きく異なっていることに気づきます。研究分野が常に発展し続ける中でもどう適応していくかについて、私の考察をこの記事にまとめました。

出典 : https://medium.com/@vbsowmya/dilemma-of-an-nlp-student-in-the-llm-era-9014230c2c63

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :