未来を変えるAIとナレッジグラフの融合

2023.12.14

WorkWonders

最近注目されているチャットボット技術、特にChatGPTをはじめとする大規模言語モデル(LLM)は、今後私たちの社会の様々な側面に大きな影響を与えます。これらの技術はその新しさから、懸念を持つ声もありますが、革新的な能力と可能性に光を当てる見方も存在します。
ナレッジグラフとの連携により、LLMの欠点を補い、より有用なツールにするという考え方もあるのです。LLMが間違った情報を提供する問題は、データやメタデータと連動することで対処できます。
高度なプログラミングにより、データを視覚化するだけでなく、質問に対する具体的なクエリを提供し、様々な形式の情報を提示することが可能になります。

また、ナレッジグラフはデータソースに関するメタデータを提供することにより、より豊かな情報の理解と活用を助けることができます。LLMが単純なデータの出力だけではなく、質問生成やクエリ設計に活用されることで、データ分析とビジネス上の意思決定が飛躍的に進化することでしょう。
このように、LLMとナレッジグラフが融合することで、セマンティックウェブの目標が形式的なデータ共有の標準無しで達成されるかもしれません。
知識の管理を劇的に前進させる可能性があるこのコラボレーションが、人々がデータとどのように関わるかを一新する革命を生むのかもしれません。

出典 : https://medium.com/@dallemang/avoiding-llm-hallucinations-data-vs-metadata-11829f116f16

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :