AIの教育活用は進むべきか?スタンフォード大調査で浮かぶ新たな光

2023.12.15

WorkWonders

昨年末に登場したAIチャットボット「ChatGPT」ですが、その強力な機能を使った不正行為を心配し、速やかに使用禁止の方針を打ち出す高校もありました。しかし、スタンフォード大学の研究者による新しい研究で、AIが利用された後も高校生の不正行為の割合は統計上変わっていないことが明らかになりました。
アメリカの40校の生徒を対象に実施された匿名調査によると、約60%から70%の生徒が過去1ヶ月間に不正行為を行ったと答えており、ChatGPT登場以降も変わらず、むしろわずかに減少傾向にあると研究者は指摘しています。

ChatGPTは説得力のある返答やエッセイを秒単位で生成する機能で注目を集めましたが、不正確さや偏見を助長し、誤情報の拡散や盗用を容易にする可能性が懸念されています。にもかかわらず、研究者の調査では、生徒たちはAIを創造的なスタートとして使うべきだと考えており、実際に論文を書く目的での使用は認められるべきではないと大多数が合意しています。
ナッシュビルのヴァンダービルト大学など、AIの利用を積極的に教える教育機関も現れており、将来的にはこれが一般的になるかもしれません。また、教育者はAIと不正行為について生徒たちを議論に参加させるべきだ、という意見も出ています。
スタンフォード大学はAIの利用に関する無料の指導資源を提供しており、生徒たちへの指導に役立つ内容となっています。

出典 : https://edition.cnn.com/2023/12/13/tech/chatgpt-did-not-increase-cheating-in-high-schools/index.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :