AIの進化と未来、日本が目指すべき方向性

2023.12.18

WorkWonders

ChatGPTのような生成AIが世界を変えつつあります。これまでプログラマーでないと不可能だった多くの機能が一般ユーザーにも開放されました。これを可能にしたのは、Transformer技術と呼ばれるもので、精度の高さから急速な発展を見せています。

しかし、世界には巨大なLLM(大規模言語モデル)だけでなく、特定分野に特化した「バーティカルLLM」という動きもあります。例えば法律情報に特化したモデルは、専門性の高いデータを活用してより精度を高めています。日本でも100億パラメーターレベルのモデルが開発され、国際的な競争力獲得に向けて動きが活発です。

英語主体から始めつつ日本語データの組み込みを進めることで、日本に特有の文脈を理解する能力が育成されることが期待されます。また、将来的には開発コストの低減や、エッジコンピューティングの活用により、LLMをより身近なものへと変えていくことが予想されます。

このように激動するAIの潮流の中で、日本がどのように立ち位置を固め、成長を遂げていくかが議論されています。
高品質な特定分野のデータを使ったAI開発や、ナローな機能に特化したモデルの組み合わせが、今後の日本のAI産業の鍵を握る可能性が高いでしょう。

出典 : https://logmi.jp/business/articles/329812

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :