AIの地理的バイアスを暴く:バージニア工科大学の新発見

2023.12.19

WorkWonders

バージニア工科大学の研究者たちが、ChatGPTというAIが環境正義に関する地域特有の情報を提供する上での限界を発見しました。この研究結果は、現在の生成型AIモデルに地理的な偏りが存在する可能性があることを示唆しており、専門誌「テレマティクスとインフォマティクス」に発表されました。
ChatGPTは、ユーザーからの要求に基づいて質問を理解し、テキスト応答を生成するために開発された大規模な言語モデルです。研究グループはアメリカ合衆国本土の3,108の郡を使い、ChatGPTに各郡の環境正義の課題について問いかけました。しかし、大都市のような高密度人口地域には対応できても、郡ごとの環境正義に関する特有の課題を特定し、情報を提供する能力には限界があることが明らかになりました。
研究者たちは将来の開発者がバイアスの可能性を認識することを望み、この研究を行いました。高校生にも理解しやすいこの発見は、AIテクノロジーの今後の発展に影響を与えるかもしれません。

出典 : https://news.vt.edu/articles/2023/12/cnre-geographic-biases-ai.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :