AI多様性の光と影:世界と韓国の挑戦

2023.12.21

WorkWonders

ChatGPTやBardなど、英語と西洋文化に偏ったデータで訓練されたチャットボットがデジタル世界を席巻しています。これによりAIの多様性に関する警鐘が鳴らされ、技術開発が一部のアメリカ企業に限られる懸念があります。
しかし、韓国では、地元のニーズに合わせてAIを形作ろうとする動きがあります。韓国企業は、韓国語と文化に富んだデータセットでAIモデルを訓練しており、タイやベトナム、マレーシアの市場に合わせたAIの構築を目指しています。
さらに、ブラジル、サウジアラビア、フィリピン向けや医療や薬学分野など、国境を越えた展開にも注力しています。ソウル国立大学の張(Byong-Tak Zhang)教授は、「競争が増せば、社会的に受け入れられ、安全で、より倫理的なシステムが生まれる」と述べています。
これにより、AI技術がより多様化し、より多くの言語に対応し、より多くの国々で開発されることへの期待が高まっています。

出典 : https://www.nytimes.com/2023/12/20/business/south-korea-generative-ai-chatbots.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :