2024年の展望:AIが切り開く未来

2023.12.23

WorkWonders

昨年、テック界を賑わせたのは生成AI「Chat(チャット)GPT」でした。オープンAIは今年も新しいAIモデルやサービスを次々と発表し、
生成AI業界の発展を牽引しています。GPT-4の発表や、画像認識機能を備えた「GPT-4V」のリリースなどがその一例です。

来年にはGPTを販売するマーケットプレイスもオープン予定。大手IT企業もこの機会を見逃さず、独自のAI開発を進めています。マイクロソフトはオフィスアプリにAIを組み込み、
グーグルやアマゾン、メタも生成AIの開発に注力。生成AIはスタートアップの台頭を招くなど、業界は活況を見せています。

AIが企業やビジネスにどう影響を与えるか、その具体的な活用はこれからの大きな焦点となります。

出典 : https://toyokeizai.net/articles/-/721757

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :