AIの真実:期待に満ちた未来か、冷静な現実か

2023.12.23

WorkWonders

AIへの期待は高まる一方ですが、現実にはそれが直面する課題も少なくありません。ケビンは、日常生活でChatGPTを利用する多くの人々が、その利点を実感していると指摘します。
一方で、アダムはこれへの興奮をどのように慎重な見方とバランスを取るべきか尋ねています。ケイドはAIの限界を強調し、共通のセンスや推理能力は真似できないと述べています。
例えば、自動運転車の盛り上がりを振り返れば、技術の進歩が必ずしも人間を置き換え得るとは限らないことがわかります。しかしケビンは、ChatGPTのようなツールはまだ可能性を十分に発揮していないかもしれないと推測しています。
そして、これらのシステムは私たち人間と似て非なる「異質な知性」を持っており、驚くべきことをもたらす可能性があるとケイドは語っています。このようにAIは強力でありながら、欠点も抱えています。
それはまるで我々自身に似たもの。AIに対する理解を深め、未来への冷静な目を向けることが重要です。

出典 : https://www.nytimes.com/article/ai-artificial-intelligence-chatbot.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :