アップル、AI研究のためメディア大手と交渉か?

2023.12.25

WorkWonders

ニューヨークタイムズの報道によれば、AppleはAIの発展に遅れをとっているが、追いつくために版権所有者たちとの契約を模索していると見られています。
アップルはニュース出版社との間で、コンテンツのアーカイブを利用するための契約締結に向けて交渉を進めており、50百万ドル以上の「数年契約」が、現在検討されている段階です。

ただし、これらの交渉がまだ最終的な結論に達していないことや、アップル側は公式のコメントを避けていることが伝えられています。交渉の対象となっているのは、ヴォーグやザ・ニューヨーカーなどを含むコンデナスト、ピープルやザ・デイリー・ビーストを運営するIAC、NBCニュースなどの大手です。

AI開発企業は訓練データの出所について概して控えめな姿勢を取っていますが、広範なウェブスクレイピングによるデータ集めが関与しているとみられます。AIエンジン開発者たちは知的財産権問題において、自らが不利な立場にあることを自覚しており、著作権の主張に対する防御を約束しています。

アップルは記事の使用に対する報酬を払うことを試みており、知的財産の権利を尊重する姿勢を示しています。2024年には、アップルからAIに関するさらなる情報が発表されることが期待されています。

出典 : https://www.techradar.com/computing/artificial-intelligence/heres-how-apple-is-planning-to-take-on-chatgpt

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :