世界が愛するジャガイモ、その最高の姿は?AIが選ぶポテトランキング&英国風朝食の新星

2024.01.01

WorkWonders

カナダのプーティンからスコットランドのポテトスコーンに至るまで、世界中の料理で欠かせないジャガイモ。

しかし、その最も美味しい形態については、意見が一致していません。マッシュポテトやチャンプなどのクリーミーな食べ方が好きな人もいれば、カリカリのトリプルクックチップスやクリスプを好む人もいます。

この永遠の議論に終止符を打つべく、MailOnlineはChatGPTの力を借りたのです。

さて、AIが選んだポテトの形はどうでしょうか?アンデス高地原産のジャガイモは、16世紀にヨーロッパに伝わり、今や世界の5番目に重要な作物です。

さまざまな方法で楽しまれるジャガイモですが、AIは結局、8つの人気の形態を選びました。

マッシュポテトが最も人気が高く、次いでローストポテト、フレンチフライ、そしてベイクドポテトが続きます。

なお、英国の朝食であるフルイングリッシュブレックファスト内でのアイテムランキングもAIが行い、カリカリベーコンがトップに輝きました。

次に重要なのは、プロテインを加える卵で、ChatGPTは卵はフライまたはスクランブルが適していると説明。

そして、充実感を追求する朝食には欠かせないポークソーセージが第三位、トーストが第四位となっています。

出典 : https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-12823889/The-best-forms-POTATO-according-ChatGPT-agree.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :