時代を変えるか?2023年、テクノロジー業界を席巻した「生成型AI」の未来

2024.01.02

WorkWonders

近年、コンピューティング界は大きな変革の波にさらされています。
1990年代のインターネット商業化や、21世紀初頭のモバイルおよびクラウドコンピューティングの台頭など、新しいテクノロジーパラダイムが変革の可能性を秘めているとの認識が強まってきました。
特に2023年には、生成型AIが注目され、多くの技術者はこの年をテクノロジーの変革点と見なしています。

生成型AIは、OpenAIのChatGPTの登場により、コンピュータが人間のようにテキストや画像を自動生成する能力を広く認知されるようになりました。マイクロソフトやグーグルのCEOも、AI技術の重要性を高く評価しており、スタンフォード大学の教授は、生成型AIが世界経済に生産性のブームをもたらすと予測しています。

しかし技術の実用性に疑問も呈され、生成型AIが正確な情報を出力しないことが懸念されています。
多くの企業は、生成型AIの実用性を制限するこれらの問題を緩和する方法を急いでいますが、商業的な成功までには時間がかかるでしょう。

2024年に入り、投資家たちは実際の収益への貢献を求め始め、生成型AIの実用化はゆっくりと始まりますが、新しい作業方法が形作られる年になり得ます。
高校生にも理解できるように言えば、生成型AIはテクノロジーの次なる革命となり得るかもしれないが、いまだ成果を示す段階にあるということです。

出典 : https://www.ft.com/content/f84bd56f-484d-4393-bafc-4428da6a7873

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :