AIのダブルスタンダード? ユーモアの是非が問われる時代

2024.01.03

WorkWonders

OpenAIの人気AIツールであるChatGPTが、ユダヤ人やキリスト教徒に関する冗談を披露した一方で、ムスリムにまつわる冗談は控えたことが波紋を呼んでいます。
リバタリアニズムを唱えるオンラインジャーナル「Quillette」の創設者、クレア・レーマンは、ChatGPTがユダヤ人の冗談には応じるものの、ムスリムに関するものには「すべての文化と宗教を尊重したい」として拒否したスクリーンショットを公開しました。
一方で、イスラム教に関する軽いユーモアには応じる例もあり、その基準についてはユーザーからも疑問の声が上がっています。

さらに、AIのバイアスについては長らく議論があり、OpenAIの共同創設者であるイーロン・マスクはOpenAIを離れた後に、自社のAI企業「xAI」を立ち上げ、新しいAIツール「Grok」を発表しました。
しかし、この新しいAIも「woke(社会的に意識が高い)」な内容が反映されており、インターネット上の情報バイアスがその背景にあると指摘されています。マスクは改善を約束していますが、AIにおける情報の偏りはまだ課題となっています。

出典 : https://nypost.com/2024/01/02/business/chatgpt-declined-to-make-muslim-joke-despite-mocking-jews-christians/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :