マイクロソフトが無料でGPT-4を使える新アプリ「Copilot」をリリース!

2024.01.04

WorkWonders

あなたが冬休みでゆっくりしている間に、マイクロソフトはこっそりとCopilotという新しいアプリをリリースしました。このアプリは、以前はBing Chatと呼ばれていたもので、Android版とiOS版が出ています。
Android版は@technosarusrexにより最初に発見されてから、12月26日にNeowinで報じられました。そして3日後、マイクロソフトはiOSとiPadOS版を立ち上げました。

Copilotアプリは、チャット機能やメッセージ・メールの作成、テキストから画像への変換をサポートしています。OpenAIの最先端AIであるDALL-E 3を搭載していて、大言語モデルのCopilotは、標準ではGPT-3.5を使用していますが、GPT-4に切り替えることも可能です。
このGPT-4は、OpenAIを直接通じて使用するには有料のChatGPT Plusサブスクリプションが必要ですが、Copilotアプリでは無料でアクセスできるのが魅力的なポイントです。

ただし、Bingアプリにも既に同様の機能を持つBing Chatがあり、見た目と機能が互換しています。Microsoftはどういった戦略でこれらのアプリを統一するかはまだはっきりしていませんが、Mashableはこの点についてマイクロソフトに確認を取っており、何かわかり次第情報を更新するとしています。
とはいえ、現時点でマイクロソフトのAIチャットはBingとCopilot、2つの異なるアプリを通じて利用可能です。

出典 : https://mashable.com/article/microsoft-copilot-ios-android-app-chatgpt-rival

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

ワークワンダースからのお知らせ

貴社に合わせて、社内向けの生成AI勉強会を開催いたします。こちらからご連絡ください。

著者名 :