AIにやさしい言葉がカギ? OpenAIの利便性への課題とそれを解決するユニークな手法

2024.01.04

WorkWonders

Scale AIのVijay Karunamurthy氏によれば、OpenAIの大規模言語モデルにはコンプリメントを贈ることでより良い反応を引き出せるという。
「あなたは賢いコンピュータで、一歩ずつ丁寧に思考して質問に答えてくれる」と言うだけで、開発者は優れた応答を得られるらしい。信じられないかもしれないが、これはOpenAIの顧客が増えるにつれて広がる現実を反映している。

OpenAIの製品の利用が困難であることは明らかで、例えば高校生の弟が、地元の「英雄的な政治家」についての例をChatGPTに求めても、架空の歴史上の人物を提示されるなど、使いこなすのに苦労している。
AIスタートアップReplitのCEO、Amjad Masad氏も使い勝手の悪化について指摘している。さらに、著作権侵害関連の訴訟が増える中で、ChatGPTは映画スタジオが所有するフィクションのキャラクターに関する特定のコマンドに反応しなくなるなどの問題も生じている。
これらの事実は、使い方が難しくなり、信頼性に疑問が持たれがちな現在のLLM(大規模言語モデル)に対する状況を映し出している。

出典 : https://www.theinformation.com/articles/why-users-have-to-compliment-chatgpt-to-get-the-most-out-of-it

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :