最新AIチャットボット、子供の病気診断には敵わず?医師の専門性不可欠との研究結果

2024.01.06

WorkWonders

日本医学会の雑誌に発表された新しい研究によると、OpenAIのChatGPTは想定された小児科の症例の大部分を正確に診断できなかったそうです。
ニューヨークのコーエン子供医療センターの研究者たちがこの調査を行い、ChatGPTが与えられた100の症例に対し83%の間違いを犯したとのことです。

AIは、医師が使う臨床現場の診断法と異なり、特定の状況や既存の病状との関連性を把握するのが苦手であることが分かりました。
例として、自閉症などの「神経精神医学的状態」とビタミン不足などの食事制限に起因する一般症例を結びつけられていませんでした。

研究はまた、訓練方法の重要性を指摘しており、チャットボットのAIにはインターネットの情報ではなく、専門医の監修に基づく信頼性のある医学文献と経験が必要であると結論づけています。
しかし、管理やコミュニケーション機能には大きな可能性があり、将来的に医療領域での活用が期待されているのです。

出典 : https://mashable.com/article/chatgpt-fails-to-diagnose-child-medical-cases

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :