テクノロジー業界の裏方: データ注釈者たちの日常

2024.01.07

WorkWonders

今年は多くのテック企業がAIを駆使したチャットボットを立ち上げましたが、その陰で大勢のデータ注釈者がAIの学習を支えています。彼らはAIモデルの入出力データを評価し、記述することで、AIが「学習」するのを手助けしています。
企業はこれまで海外の労働者に安い賃金でこれらの仕事を依頼していましたが、最近では若い女性たちがこの分野に参入し始めています。例えば、TikTokで活躍する「ジャッキー・ミッチェル」という女性は、サイドハッスルとしてデータ注釈の仕事に従事しており、その経験を動画で共有することで、多くのフォロワーに影響を与えています。

データ注釈は単調な作業でもありますが、MitchellやBrinといった若者たちは時給17.50ドルから30ドルと、過去に比べて良い条件で働いています。しかし、一方的な人口構成がAIのモデルに偏りを生じさせたり、その需要に変動が生じたときには、この仕事がなくなる危険性も指摘されています。
これにはAIの自動注釈や人間の完全な置き換えの可能性も懸念されますが、それにはバイアスの固定化やミスの増幅などのリスクがあります。それでも、Mitchellなどの若者たちはAIに人間の創造性を凌駕されることに対しては懸念していません。彼女たちの経験が示すように、人間の役割は引き続き重要です。

出典 : https://www.thedailybeast.com/meet-the-tiktok-girlies-helping-chatgpt-become-even-smarter

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :