米国で進むAIによる健康管理

2024.01.12

WorkWonders

米国の成人2000人に対する調査では、半数以上がAIを用いて自己診断を経験しています。

多くの回答者が、AIの診断が正しいと感じ、AIに対する信頼度も高いことがわかりました。
特に、医師不足や医療費の問題を抱えるアメリカでは、AIによる医療サービスへの期待が高まっているのです。
ただし、重篤な病状の際にはやはり人間の医師の診察が不可欠で、AIはあくまでサポートとして機能すべきだと指摘されています。
将来的には、患者と医師がAIを上手に活用することで、質の高い医療サービスを提供する体制が整いつつあることが伺えます。

出典 : https://forbesjapan.com/articles/detail/68445

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :