アメリカ合衆国ペンシルベニア州がAIを官公庁業務に導入!効果は?

2024.01.12

WorkWonders

ペンシルベニア州は、米国の州としては初めて、州政府の職員が日々の業務で使用するために、OpenAIのチャットボット「ChatGPTエンタープライズプラン」を導入しました。州知事のジョシュ・シャピロは、このAIツールが業務をどう改善するかに期待を寄せています。
サム・アルトマンOpenAI社長は、この共同作業がAIが州のサービスを高める方法についての重要な洞察を提供すると述べています。ペンシルベニア州の行政局では、チャットボットが業務に役立つか迷惑になるかを検証する試験を行います。
さらに、シャピロ知事はAIガバナンスボードを立ち上げ、AIを責任を持って使用する方法について専門家から助言を得ています。ChatGPTのようなツールは、入力された説明からテキストや画像を生成し、メールの作成やプレゼンテーションの準備、報告書の分析などを支援します。
しかし、国家の安全に関わる機密情報を晒す可能性も懸念されており、昨年、米国宇宙軍はAIモデルの使用を禁止しました。この禁止は一時的なもので、適切な安全対策が講じられれば解除される可能性があります。
バイデン大統領の命令により、さまざまな非秘密のAI使用法が公開され、セキュリティ強化に向けた取り組みも進行中です。

出典 : https://www.theregister.com/2024/01/11/pennsylvania_openai_chatgpt/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :