AIと学術の道徳――知的財産の盗用とその影響

2024.01.12

WorkWonders

ハーバード大学やOpenAIは、それぞれ人材とAIの頭脳を育てる機関ですが、最近、両者は他人の知的財産を不当に使用したという共通の疑惑に直面しています。
ハーバード大学の元学長が自身の論文で他者の言葉を適切に引用せずに使ったことが指摘され、その後辞任に追い込まれました。一方、ニューヨーク・タイムズは、AIモデルの訓練に自社のテキストを無断で使用したとしてOpenAIを提訴しました。

これらのケースからは、高い水準の透明性と正直さが社会から期待されること、そしてその責任の所在が問われています。また、学術界での盗用と著作権侵害の基準が異なり、ChatGPTのようなAIモデルが巻き起こす盗用の議論は、それがテクノロジーとしてもたらす恩恵と相反するものです。

AIと機械学習モデルがもたらす「盗用」という問題は法的議論だけでなく、倫理的な側面においても切り離すことができません。チャットボットと著者の権利、盗用の境界線に関する議論は続くでしょう。

出典 : https://www.theatlantic.com/technology/archive/2024/01/chatgpt-plagiarism-copyright-harvard-claudine-gay/677086/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :