OpenAIが軍事利用の扉を開く:AI倫理の新局面

2024.01.16

WorkWonders

OpenAIは、サム・アルトマンの指揮のもと、AI技術の軍事目的での応用に道を開いた。従来の使用ポリシーから軍用目的への利用を禁じる文言を削除するという政策変更を行ったのです。
OpenAIはこの変更を、覚えやすく適用しやすい普遍的な原則を確立することを目指して正当化しています。会社のスポークスパーソンは、「ツールが人を傷つける、武器開発、通信監視、他人や財産を破壊するために使用されることは許可されていない」とビジネス・トゥデイに語りました。

しかし、OpenAIは、AI技術の応用範囲が進化する中で、軍事関連業務を可能にしつつも武器開発への応用は依然として禁じています。OpenAIはDARPAと協力し、重要インフラや産業が依存するオープンソースソフトウェアのセキュリティを強化する新しいサイバーセキュリティツールの開発に取り組んでいるのです。
このような利益に合致する事例が以前のポリシーで許可されていたかどうかは明確ではなかったため、ポリシーの更新が目指すのはその点に関する明確性と、これらの議論を可能にすることだとスポークスパーソンは付け加えました。
AIの適切な利用を巡る議論は今後も続くでしょう。

出典 : https://www.businesstoday.in/technology/news/story/chatgpt-maker-openai-revises-ai-usage-policy-to-allow-military-and-warfare-applications-413146-2024-01-13

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :