間もなく現実となるAIによるビデオ偽造技術の脅威

2024.01.17

WorkWonders

OpenAIのCEO、サム・アルトマン氏が明らかにした通り、ChatGPTは今後1~2年のうちに、テキスト、イメージ、オーディオに加えて「最終的にはビデオ」を扱えるようになります。
この多様な形式を操る能力がChatGPTの今後の大きな進化とされていますが、これにより、ビデオの偽造が前例のないスピードと手軽さで可能となるでしょう。
すでにイギリスの首相リシ・スナク氏のAIによる偽造ビデオがFacebookに登場し、問題視されています。
さらに、選挙を控えたアメリカやイギリスでは、ディープフェイクによって作られた偽の映像が急速に拡散し、真実を見極めることが一層困難になるのです。
本物と見分けがつきにくいAI生成コンテンツに対し、信頼できる情報源を見つけることの重要性が増しています。
ですから、未知のソースや家族が再投稿したものではなく、知名度があり信頼性の高い出版物をニュースソースとして頼りにすることが賢明です。

出典 : https://www.techradar.com/computing/artificial-intelligence/chatgpt-will-get-video-creation-powers-in-a-future-version-and-the-internet-isnt-ready-for-it

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :