ChatGPT以外のAI活用戦略とは?企業の挑戦を解剖

2024.01.19

WorkWonders

米国企業は、プライバシーや情報漏洩の懸念でChatGPTの使用を制限しています。
しかし、生成AIへの関心は高まっており、多くの企業が自社独自のAIアプリケーションを展開しています。
特にOpenAIのGPT-3.5やGPT-4などのAPIを使用し、企業のニーズに合わせてカスタマイズしている例が増えています。
APIへのアクセスは簡単で、小規模な企業も取り組めるようになっており、実際に本番環境でAIアプリケーションを使っている企業も多いです。
大規模言語モデルをカスタマイズする方法には、難易度に応じて3つの手段があり、多くの企業は低難度のアプローチを選択しています。
この動きは、企業に新しい可能性を広げ、今後もAI活用の方法が進化していくことを示しています。

出典 : https://www.sbbit.jp/article/cont1/130118

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :