未来がそこに。アイと綴る、新たなコミュニケーションの世界

2024.01.20

WorkWonders

2024年の芥川賞を受賞した『東京都同情棟』は、文章生成AIを巧みに使った作品として注目されています。
九段理江著のこの小説は、ChatGPTのようなAIが普及した近未来を舞台にしており、人間と社会の変化をリアルに描写しています。
作品の核は、言葉とコミュニケーションの変貌で、政治的な正しさを気にした言葉選びや、差別のない表現への配慮が描かれています。
九段さんは直木賞の受賞スピーチで、小説にAIが生成した文章の一部を5%ほど使用したことを明かしました。
その未来は「ポリコレ的にOK」なものでありながらも、なにかと違和感を抱かせる世界。
読む人を圧倒させるその物語には、新しい時代の言葉の力が息づいています。

出典 : https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/19/news174.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :