AIと著作権の未来を左右する訴訟劇、NYT対OpenAI

2024.01.20

WorkWonders

ニューヨーク・タイムズは、自社の著作権で保護されたコンテンツがOpenAIのGPT-4トレーニングに使用されたとして提訴しました。この裁判は、生成AI技術と著作権法の関係に重大な影響を与える可能性があり、業界内外で注目されています。
NYTが勝訴すれば、AI企業にはアルゴリズムの開示が要求されるかもしれず、逆にOpenAIが勝てば、技術の進展が促進されるでしょう。また、裁判の形式が一般市民が参加する陪審裁判であることも、社会的注目を集める原因です。
OpenAIは、「公正な利用」を理由に全面的な反論をしていますが、どちらが勝訴するのかは現段階では不透明です。裁判に至る前の和解が成立するかどうかも含め、今後の動向が注目されます。

出典 : https://www.sbbit.jp/article/cont1/131333

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :