AIによる採用革命!効率と多様性を同時に追求する新時代のリクルーティング

2024.01.20

WorkWonders

FTの編集長、Roula Khalafが選ぶ今週のおすすめ記事です。人材獲得が難しくなっている中、企業は人工知能(AI)を駆使して効率的に候補者を見つけ出す方法を模索しています。ManpowerGroupのイノベーション責任者であるTomas Chamorro-Premuzic氏は、AIが多くの応募者を見つけ出し、言語のバリアを取り払うことで、多様性を高めると指摘しています。
ロンドン上場企業のリクルーター、Robert WaltersやAdeccoなども、AIを用いたソフトウェアで、ジョブ広告の言語を中立に保ち、より幅広い候補者を引きつけています。AIの導入により、女性応募者を23%増やすことに成功した例もあります。また、AIはレジュメ作成や面接の初期選考などを効率化し、採用プロセスを加速させています。
今後、AIの発展によって新しい職種が出現し、技術的専門知識がますます求められることでしょう。しかし、AIがもたらすリクルート業界の「非人間化」や、サイバー攻撃のリスクといった倫理的な懸念もあります。データの質や、人間の偏見をAIが学習してしまう可能性があるため、採用業界は新たなスキルのニーズに備えています。

出典 : https://www.ft.com/content/87c1bf22-9ad6-4d6a-94e2-270c8633dc8a

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :