AIの共著者―文学界に新たな波紋

2024.01.20

WorkWonders

日本で最も権威のある直木賞を受賞した作家が、自身の小説の約5%をAIのチャットボットChatGPTによって執筆されたことを公表しました。この事実は、文学界をはじめ様々な分野へのAIの影響に関する議論を呼んでいます。
ChatGPTは、短時間で要求されたエッセイを提供できるという特徴から、書籍を含む様々な産業においてその影響が懸念されています。しかし、受賞者の作家はAIを利用したことで創造性を解放できたと語り、AIとの共存を望む声もあります。
一方で、このような執筆方法に懐疑的な見方もあり、AIを活用した作品の賞受賞について「賞に値するのか」という疑問の声や、AIが創作にもたらす法的問題についても言及されています。複数の著名作家はChatGPTの製作者であるOpenAIを著作権侵害で訴えており、今後の文学とAIの関係は注目されています。
高校生でも興味を持ちやすいように、わかりやすい言葉を選ぶことを心がけ、その独特な関係を表現したタイトルにしました。

出典 : https://japantoday.com/category/national/japan-literary-laureate-unashamed-about-using-chatgpt

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :