AIが描く未来の風刺 – 文学賞を巡る論争

2024.01.20

WorkWonders

日本の権威ある芥川賞を受賞した最新の小説には、衝撃の事実が明らかにされました。
作家の工藤理恵は、受賞作「同情の東京タワー」の一部を人工知能ChatGPTを用いて執筆しました。
彼女は、本の約5%がAIによって生成された文章であることを認め、この創作過程でAIを積極的に活用したと述べました。

小説はAIが日常に溶け込んだ未来を舞台に、シンジュクで高層タワーの建築を手掛けた建築家が中心人物です。
工藤は、社会が犯罪者を容認している状況やAIの普及に対して主人公が感じる違和感を描いています。

一方、このようなAIの活用は、芸術界で大きな議論を引き起こしています。
著作権のある素材をトレーニングデータとして使用していることで、著名な作家たちが訴訟を起こし、今回の受賞作を含むAIを使った作品の合法性や経済的実現可能性について、重大な影響を及ぼす可能性があります。
現在進行中のこれらの動きが、今後の文学とAIの関わりにどのような結果をもたらすか注目されています。

出典 : https://futurism.com/the-byte/novelist-wins-award-then-reveals-she-used-chatgpt

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :