子どもたちの未来を変えるAI搭載トイの新時代

2024.01.21

WorkWonders

最新のAIテクノロジは、子どもたちと会話ができるロボットやぬいぐるみを生み出し、教育の風景を変えつつあります。
例えば、99ドルで提供されている「Miko Mini」は、数学問題の解決や物語の聞き手として、子どもたちの自主学習を促進します。
さらに、「Fawn」と呼ばれる199ドルのAIぬいぐるみは情緒サポートを提供し、「Moxie」という799ドルのロボットはアファメーションの発声やマインドフルネスのエクササイズを実施することができます。

これらのAIトイは、市場への導入に際して、教育キュリキュラムや児童書のデータ、声紋や顔認識技術、自然言語処理層を活用して開発されています。
しかし、ChatGPTをはじめとしたAI技術にはまだ精密さに欠ける場面があり、単純な計算問題に間違った答えを出すこともあります。
それでも、AIロボット「Moxie」は、感情やストレスの原因を話すことを支援し、感情的なサポートを提供することで、高額な療法に替わる可能性を秘めています。

プライバシーやデータの安全性についても、企業は子供の情報を守るために様々な対策を講じており、一部の会社ではデバイス内で完結し、クラウドへは匿名化されたデータのみを送信しています。
これらのAIトイは、ただの玩具ではなく、子どもたちの学びや感情の発達に深く関わる、新世代の教育ツールとして注目を集めているのです。

出典 : https://www.forbes.com/sites/rashishrivastava/2024/01/20/your-childs-next-playmate-could-be-an-ai-toy-powered-by-chatgpt/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :