AIの知性と歪みを探る:ChatGPTのバイアスに迫る

2024.01.23

WorkWonders

ChatGPTは、わずか1年で多くの企業や自治体に導入されるほどの対話型AIです。このAIは、インターネット上の広範なデータを学習し、膨大な知識を蓄えています。
取材の助けにもなるが、バイアス(偏見)の問題が懸念されます。例えば、イラスト生成AIが「CEO」と入力された際に男性の画像を、「看護師」と入力された際には女性の画像を出力したり、日本人のステレオタイプな表現が生成されることも。
AIの持つ偏見に対する問題意識を抱えながらも、我々はその「頭」の中を覗き、バイアスを検証する必要があります。

出典 : https://www.asahi.com/articles/ASS1B4DMWRDLULLI00P.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :