AI統合でもGoogleの牙城は崩れず? Bingの現状と新展開

2024.01.23

WorkWonders

マイクロソフトが検索エンジンBingにAIツール「ChatGPT」を組み込んだにもかかわらず、Googleに対する市場シェアの逆転は見られませんでした。Bloomberg Newsの報道によると、2023年末の時点でBingの世界市場におけるシェアはわずか3.4%に留まり、Googleが91.6%を占めています。

ChatGPTの統合はBingの衰退を食い止めるのがやっとであり、統合発表から1年以内の伸びは1%未満でした。しかし、米国内でのBingのアクティブユーザー数は前年比で倍増し、年末には440万人に達しています。

一方、他の競合他社もAIを活用してGoogleの首位の座を狙っており、新たにPerplexityが520億円の評価で資金調達を行いました。Googleも製品の改良を続けています。

「インターネット上での情報アクセス方法に大きな変化が起ころうとしているこの時期、PerplexityやGoogleをはじめ多くの企業がその波に乗ろうとしています」とPYMNTSは記しています。

Harvard Business Schoolの経済学者は、「AIが検索市場で大きな影響を与えることは疑わしい。検索が多ければ多いほど良い答えが得られるが、Googleだけがその流れを確立している」と分析しています。

出典 : https://www.pymnts.com/artificial-intelligence-2/2024/report-chatgpt-hasnt-helped-bing-compete-with-google/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :