AIと共著の革新作「東京都同情塔」、文学賞受賞で世界に波紋

2024.01.24

WorkWonders

2024年1月17日、九段理江さんの「東京都同情塔」が第170回芥川賞に輝きました。この小説は、文書生成AIを活用して執筆されたことで知られています。受賞作は国内外で大きな反響を呼び、外国メディアも多数が報じています。
英国のThe Daily BeastやThe Telegraph、アメリカのNew York Postなどが、九段さんのAI利用を特集。特にThe Daily Beastは、作品の完璧さを称賛する吉田修一氏のコメントを引用しています。
また、THE DECODERでは、九段さんが小説の約5%をAIで書いたことを紹介。スティーヴン・キング氏もAIの創造性を肯定する意見を示しています。
「東京都同情塔」は新潮社のサイトで試し読みでき、Amazonでは税込1870円で購入可能です。
この話題作はAIと時代が創り出した新しい文学の在り方を問いかけており、これからの文学界の展開にも注目が集まっています。

出典 : https://gigazine.net/news/20240122-rie-kudan-reveals-use-chatgpt/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :