アップル、独自AI戦略でテクノロジーシフトへ

2024.01.25

WorkWonders

アップルが人工知能(AI)領域の強化に静かに動き出しました。AIスタートアップの買収や専門スタッフの採用、ハードウェアの更新を積極的に進め、次世代のiPhoneにAI機能を統合する準備をしています。
特に、モバイルデバイスにおけるAIの実行可能性の問題解決に注力。PitchBookの研究によると、アップルは2017年以降21社のAIスタートアップを買収、2023年初頭にはビデオ圧縮技術を持つWaveOneを取得しました。
他社に先駆けてAIチップも開発し、デバイス内での大規模な言語モデルの実行に必要なチップ、如何にして効率良く動作させるかのブレイクスルーも公表しています。
アップルは自社製品の内蔵AIを通じた新しいアプリケーションやサービスを提供し、テクノロジーの進化を牽引する姿勢を見せています。
また、オープンソースのLLMや画像認識AIなどを研究目的に公開しており、その応用ポテンシャルが期待されています。
テクノロジー界の巨人たちがそれぞれのやり方でAI競争を繰り広げる中、アップルの動きは業界に何をもたらすのでしょうか。

出典 : https://www.ft.com/content/52839eb2-6641-42a6-acd7-5d41e809c97a

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :