AIと共著、文学賞に輝く現代の作家たち

2024.01.25

WorkWonders

日本の有望な新人作家に贈られる最高の文学賞、芥川賞を受賞した33歳の作家・くだんりえ氏がAIを活用して執筆したことを明らかにしました。
氏の著作「東京都道場都(東京シンパシータワー)」は、AIがテーマのSF小説で、創造性を表現するためにAIの力を借りたことを受賞スピーチで語っています。
一方、ドイツの芸術家がAIで生成された作品で写真賞を受賞し議論を巻き起こしましたが、後に賞を辞退。
AIとアートの未来は、これからも人々の大きな関心を集めそうです。

出典 : https://www.ndtv.com/world-news/japanese-top-literary-award-winner-admits-using-chatgpt-to-write-novel-4917618

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :