AI活用の現状と未来〜エン・ジャパンが明らかにするミドル層のリアル

2024.01.26

WorkWonders

エン・ジャパンが運営する転職サイトユーザーに対する調査で、約2割の人が生成AIを業務で使用していることが判明しました。
特に「マーケティング系」や「コンサルタント系」の職種で使用率が高いという結果が出ています。また、年収が高いほど生成AIの使用率も高い傾向にあり、「1000万円以上」の層では約3割が使用経験ありと回答。

用途としては「ドキュメント要約」「議事録作成」「文字起こし」が54%でトップ。次いでメール作成などにも利用されています。
最も使用されているAIツールは「ChatGPT」で、その利用者は83%にのぼります。
この調査結果から、AI技術は既に多くの業界で活用されており、今後の仕事の仕方に大きな変革をもたらす可能性を秘めていることが窺えます。

出典 : https://dime.jp/genre/1724767/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :