現代戦のイノベーション:アメリカ軍、格安テクノロジーで訓練

2024.01.29

WorkWonders

米国ルイジアナ州のジョイント・レディネス・トレーニング・センターでは、アーミーユニットがセルラーフォンの信号が如何に際立っているかを痛感しています。
彼らの反対勢力である「ジェロニモ」部隊は、商業技術を用いて無警戒な兵士を標的にします。アーミーの最高司令官は、安価な技術の「非常に効果的」な使用を認識しています。

ジェロニモの装備は、ChatGPTで書かれたコードから熱感知型の爆弾を落とすクアッドコプターまで様々です。ドローンはWi-Fi信号を検出し、敵の位置を特定するのに利用されます。

彼らは、MACアドレスの通信を解析するPythonで書かれたソフトウェアも作成しています。戦闘では、敵を倒すために商業ソフトウェアが有利なこともあるようです。

また、ジェロニモはラズベリーパイやHackRF、RTL-SDRなどの格安ハードウェアも使用しており、これらは敵のドローンを特定するためにウクライナでも広く用いられています。
さらに、これらの技術は、高価で維持が難しい機材よりも物流負担を減らし、80%のソリューションが90%の時間機能することを好みます。
敵との戦いで相手が不正をしていると思わせるほどの効果を持っているとも言われています。
敵意のあるユニットが軍用の統合技術を戦いに取り入れつつある中、「ジェロニモ」は厳しい戦いに直面しているのです。

出典 : https://www.defenseone.com/defense-systems/2024/01/how-one-army-unit-uses-cheap-drones-and-chatgpt-train-others-modern-warfare/393640/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :