AIの存続を脅かす訴訟:NYタイムズがOpenAIを告訴

2024.01.30

WorkWonders

2023年12月27日、ニューヨーク・タイムズは、自社の記事の大量のテキストを不正に利用したとして、OpenAIとそのAIツールChatGPTに対して著作権侵害で訴えを起こしました。
NYタイムズは、ChatGPTが自社の記事から直接言葉を取り入れる形で生成されていると主張しています。裁判所には、単に賠償金を求める以上の措置、つまりChatGPTの「破壊命令」を要望しました。
これが認められれば、OpenAIは訓練済みの大規模言語モデルや訓練データを削除し、技術を再構築する能力を失うことになるでしょう。
しかし、オープンAIとの和解、裁判所の「フェアユース」の観点からの保護、合法的な活動を阻害しないという条件などを鑑みると、ChatGPTが完全に破壊される可能性は低いと見られています。
法律専門家も、今回の訴訟でChatGPTとその訓練データが破壊される可能性は非常に低いと指摘しています。
しかし、将来的にはAIに対する法的対応が変わってくるかもしれず、開発者はこの可能性を念頭に置いておくべきでしょう。

出典 : https://asiatimes.com/2024/01/will-the-new-york-times-destroy-chatgpt/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :