AIの新機能でメディア業界に変革の波!カスタムGPTの可能性とその課題

2024.01.31

WorkWonders

ブランドプレイのスポーツマーケティングサミットや、OpenAIのGPT-4における@機能の導入により、AIとのやり取りが変わりつつあります。特に、カスタムGPTを問い合わせに指定する@機能を使えば、出版社などがGPTストアにおいて自社のチャットボットを利用者に提供しやすくなりました。しかし、この新規収益化の方法とは異なり、利用者が自社のウェブサイトを訪れることなくチャットボットに置き換わる可能性が懸念されています。

また、GPTストアの利用がペイウォールの裏に隠れ、収益化の機会が限られていることが、出版社の参入を阻んでいます。出版社がオーディエンスを拡大し、GPTを活用するためには、人々がChatGPTと対話する際、出版社のGPTをどのように利用すれば良いかを教育する必要があるとの声が上がっています。
OpenAIからの公式コメントはありませんが、出版社が直面するこれらの問題への対応を、OpenAIの将来の発展から期待する声が業界内にあります。

出典 : https://www.adweek.com/media/openais-integration-feature-in-chatgpt-makes-its-store-more-appealing-to-publishers/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :