イタリアで問題視されるChatGPTのプライバシー対応

2024.01.31

WorkWonders

イタリアのデータ保護機関Garanteが、OpenAIの人工知能チャットボットChatGPTが厳格なEUのデータプライバシー規則に違反していると発表しました。
この機関は昨年からChatGPTを調査しており、一時的にイタリア国内での利用を禁止していました。
調査の結果、EUのプライバシー規則に違反する証拠があると結論付けたそうです。
OpenAIは違反の指摘に対し、30日以内に回答を行い、イタリアの規制当局と建設的に協力する姿勢を示しています。
懸念されるのは、ユーザーのメッセージや支払い情報の露出、年齢確認システムの不在で適切でない内容が子どもに提供される可能性、訓練データ収集の法的根拠、誤った個人情報生成といった点です。
更に、欧米両方の規制当局からも、増加している生成AIシステムに対する監視の目が強まっています。
EUでは、人工知能に関する画期的なAI法を確定させようとしており、27の加盟国が今週金曜日に法案を承認する見込みです。

出典 : https://abcnews.go.com/Business/wireStory/chatgpt-violated-european-privacy-laws-italy-tells-chatbot-106793052

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :