AIチャットボット「Bard」の画期的な進化!

2024.02.05

WorkWonders

Googleは、AIチャットボット「Bard」に大型アップグレードを行い、初めてテキストから画像を生成する機能を追加しました。
Bardは、より高度な推論が可能なGemini Pro大規模言語モデル(LLM)を基盤に昨年12月に強化され、AIチャットボットリーダーボードの第二位になりました。
この新しい画像生成能力は、Googleの先端AIラボ、DeepMindによって構築されたImagen 2モデルから来ています。
偽情報とディープフェイクの拡散を抑えるため、Bardが生成した全ての画像には、AI製の画像であることを確かめるための隠し透かし「SynthID」が付されます。

Googleによると、Imagen 2はこれまでで最も高品質なテキストから画像への変換を実現し、ビジュアルアーティファクトの削除やテキストプロンプトへの応答が前モデルより向上しています。
単純な説明を入力するだけで画像を生成でき、例えば「サーフボードに乗る犬の画像を作成」とタイプすると、Bardが複数の選択肢を提供します。
Bardのプロダクトリード、Jack Krawczyk氏によると、安全で適切な画像を生成するためのモデルの基盤技術も密かに改善されています。

さらに、このアップグレードによりBardは40以上の言語で230ヶ国以上で利用可能になり、画像生成は現在英語のみですが、他の言語への拡張も期待されます。
Bardの”double-check”機能は他言語に拡大され、Bardが生成した応答が正しいかをGアイコンをクリックして確認できる様になりました。また、GoogleはImagen 2モデルを基にした独立型画像ジェネレータImageFXもLabsサービスを通じて提供予定です。

出典 : https://www.tomsguide.com/ai/forget-chatgpt-and-dall-e-now-google-bard-can-generate-images

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :