AIに対する国際意識調査―日本の位置は?

2024.02.06

WorkWonders

GfK JapanがAIの認知をめぐる意識調査結果を発表しました。
対象は日本、英国、米国、インドの男女で、日本のChatGPT認知度は62%にとどまり、他国と比べて低いことが明らかになりました。特に日本ではミレニアル以上ではなく、Z世代やX世代が認知度が高かったです。

ビジネスパーソンに焦点を当てても、日本の認知度は67%と低く、AI利用目的の最多回答は「使ったことがない」という結果でした。
AIの職業上の脅威については米国や英国、インドでは3人に1人が懸念を表明していますが、日本では約12%にとどまりました。

また、ChatGPTの回答の正確さへの信頼においても、日本は他国に比べて低く、認識に違いがあることが判明しています。
これらの結果から、国によってAIに対する認知度や関心が異なることが見て取れます。

出典 : https://news.mynavi.jp/article/20240205-2875356/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :